コンピュータウイルス被害

コンピュータウイルスは、パソコンからパソコンへと次々に感染し被害を広げていくプログラムのことです。まるで風邪のウイルスが人から人へ感染するように、インターネットを通じて被害を広げてしまいます。
このコンピュータウイルスはまさにウイルスと呼ぶように広がっていき、感染したパソコンは本来の性能を発揮できなくなり調子が悪くなります。

感染したパソコンは自分以外のパソコンにウイルスを感染させるために行動を起こしますので、そのウイルスを除去または隔離をしなればずっと感染元として存在しますのでとても危険で性質が悪いプログラムになります。
被害者であるあなたのパソコンが今度は加害者になってしまいますので、きちんとコンピュータウイルスへの対策をしておきましょう。

感染方法はホームページやメールを見るだけといった日常の行動により感染するものが多く存在します。普通に見ているだけではそれが危ないサイト(メール)なのか安全なサイト(メール)なのかの判断が出来ないのです。

コンピュータウイルスを対策するには専用のワクチン『ウイルス対策ソフト』が必要になります。被害に遭わないだけでなく、自分が加害者にならないためにもウイルス対策ソフトは必ず全てのパソコンにインストールするようにしましょう。

ウイルス対策ソフトにはウイルスを判別するための辞書を持っています。この辞書は常に最新に保たなければ意味がありません。
新種や亜種といったウイルスは常にどこかに存在して増え続けています。今までこの世に無かったウイルスからもパソコンを保護しないと意味がありませんから、この辞書のアップデートは確実に実行しておきましょう。
このアップデートで100%被害に遭わない訳ではありませんが、かなりのリスクを減らしてくれます。煩わしいからといって放っておいたら、せっかくのウイルス対策ソフトも宝の持ち腐れです。アップデート後はパソコン内をスキャンしましょう。感染しているかどうかがこれでわかります。

ウイルス対策ソフトはパソコンを使うものにとっては当たり前のソフトになりました。もう既にマナーといってもいいでしょう。きちんとマナーを守ってあなたの大切なパソコンを被害に遭わないように保護しましょう。
決して無責任にならず、他人事と思わないでください。このウイルス対策ソフトなしでインターネットを利用するとあっという間に感染して被害を受けてしまうほどに現在のインターネットはコンピュータウイルスは蔓延しています。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ