ネットオークション被害

ネットオークションは、インターネットで欲しい商品に自分で値段を付けて、一番高い値段をつけた人に落札されるシステムです。
ですから誰かと競り合っていると値段がどんどん上がっていき予算をオーバーする事もよくあります。基本的には予算内で入札し、落札できなかったら仕方ないと諦めて他にいくのがいいでしょう。

しかし誰かと競っていると負けたくない心理が働き、ついついギャンブルのようにのめりこんでしまう傾向にありますから、性格的に向いている人と向いていない人がいるのも事実です。自分がどちらの性格なのかは把握しておいたほうがいいでしょう。
そうでないと落札が決まってから「実は払えません。」というのは多くの人に迷惑がかかりますから、支払える範囲で楽しみましょう。

ネットオークションの被害としては上記のような問題もありますが、それ以上に難しい場合があります。
例えば、「落札した商品が届かない」「落札した商品が壊れていた」「落札した商品が盗品だった」「相手に人に連絡がつかない」「返品・返金を要求された」と様々な問題が出てきます。

これらはインターネットを利用しているが故の問題も多くあります。
そもそも現物を見ていない段階で入札しますので、出品する側と入札する側で商品に対するイメージが違ったり、その場でやり取りしていないので本当に届くのか不安が拭えないといったことがあります。

完全に詐欺をしようとしている相手への防御はなかなか難しいですが、そうでない場合はお互いのコミュニケーションで多くの場合解決できます。
オークション中は相手への質問などはこまめに行い納得の行く形で取引を進めるようにしましょう。
また、見ず知らずの相手との取引になりますからできるだけ相手の素性がわかるように自宅の電話番号や住所などを聞いておくのもいいでしょう。
トラブルになってから実はメールアドレスしか知らないといった事のないように、万一のことも考えた行動が求められます。

トラブルになってどうしても出品者と落札者の個人間でトラブルが解消しない場合は、オークションを提供している会社へ連絡したり、場合によっては警察などに相談するとよいでしょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ