クレジット情報・ログイン情報の盗難被害

クレジット情報やログイン情報の管理ができていますか?
これらは物ではなく情報なので盗難された事がわかり難く大きな被害になりますので注意が必要です。
多くの場合、気付いた時には既に被害が出ていて手遅れといった状況になってしまいます。

クレジット情報を盗難されていた場合、高額商品をクレジットカードで購入されたあとで請求書を見て気付いたという事が実際に多く報告されています。
もちろんクレジットカード会社も手をこまねいている訳ではありません。
監視の目を増やしたりして異常な使われ方をすればすぐに対策をするようなシステムになっているものもあります。
しかし、そういったクレジットカード会社の対策に安心してあまりに無防備ではいけません。
できる限りの対策を利用者側もしなければ、結局不便になるのは利用者だという事に気付きましょう。

次にログイン情報の盗難についてですが、このログイン情報はネットゲームやブログ、ツイッターなどのログイン情報ももちろん対象なのですが、それ以上に怖いのがインターネット銀行の口座へのログイン情報になります。
通常、インターネット銀行へのログインは多くのパスワードなどが必要になっていて容易に進入ができないようになっています。
しかし情報が盗難されていればそれらのパスワードは無意味になってしまいます。
とても便利に利用できるインターネット銀行ですが、それが仇となって簡単に別の口座へ送金されてしまいます。
残高がゼロになって初めて気付いても既にお金が無くなっているのですからどうしようもありません。

これらの情報の盗難は過去にご紹介したキーロガーやフィッシングといった方法で被害に遭う他にも、コンピュータウイルスやスパイウェアなども可能性としてあります。
またパソコンの盗難といった原始的な方法でも被害に遭ってしまいます。
これら以外にも身近にいる人などに情報を盗み見されても被害に遭う可能性がありますので情報の管理に関しては細心の注意を払いましょう。

これらの被害は多額の経済的被害につながります。
注意し過ぎるといった事はありませんので可能な限り気を付けて下さい。
これらの情報は取られたからといって目に見えてわかるものではありません。
被害に遭った時は大きな被害につながります。そういった認識で対策に取り組んで下さい。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ