著作権の侵害被害

著作権の侵害は、昔から後を絶ちません。そもそも著作権とはどういうものなのでしょう

著作権とは絵や文章などの作品を作った人が持つ権利です。この権利は特許などのようにどこかに申請をして得るものではなく、作った人が自動的に持つ権利になります。
その権利はアマチュアやプロの差がありません。ですから素人が作ったものであっても著作権は発生します。

この著作権は誰かが作ったものを第三者が勝手に使わない為の権利ですから、許可もなく利用する事は許されません。利用するためには権利者へ連絡して許可を貰う必要があります。
この許可については例えば対価を金銭で求めたり、連絡のみで可能だったり、宣伝をする事で利用できたりと様々です。

これらの許可を取る事で初めて利用する事が可能になりますので、指定された方法で許可を取りましょう。これを怠ると、今後新しいものが作られなくなっていき、権利者だけでなく利用する側も不利益を被る事になります。
制作活動を支援し、よりよいものを利用できるように自分で作ったもの以外の作品を利用するような事はしないようにしましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ