スパイウェア被害

スパイウェアは、その名の通りあなたのパソコンに侵入してスパイ活動をするプログラムです。主な動作としてはスパイ活動で収集した情報の送信になります。
一例ですが下記のような行動をして利用者に被害を与えます。

・カード番号や利用したサイトのID、パスワード
・ネットバンクの銀行名や口座番号、パスワード
・メールアドレスや氏名、住所といった個人情報
・見たサイトやパソコンをどう使ったかの履歴
・どんな文字をキーボードで打ったかの記録

スパイウェアに感染すると、こういった情報を特定の誰かまたは無差別に送信されてしまいます。情報収集が主な目的であるスパイウェアは特に変わった動作をしないので、利用者が気付くことがほぼできません。
誰にも気付かれずにこっそり潜伏していていても被害状況は社会的な信用を失墜させてしまうほどの破壊力がある可能性もあります。スパイウェアの対策には専用のソフトを使って自分のパソコンを保護しましょう。

感染方法はホームページやメールを見るだけといった日常の行動により感染するものが多くコンピュータウイルスと似ています。
破壊的な状況を作るコンピュータウイルスに比べて、スパイウェアは情報収集をした情報を送信するだけですので、被害が出てからでなければ感染に気付くのは容易ではありません。

対策方法は専用のソフトがありますのでそちらをご利用ください。利用方法はウイルス対策ソフトと同じようにアップデートを実行してスキャンするだけです。
こまめにチェックをしてあなたの個人情報を盗まれないようにしましょう。

カード情報や銀行口座の情報は時として大きな被害に発展します。またメールアドレスや個人情報も一度ネット上に出回ってしまえば情報を削除する事が事実上不可能です。
自分に対する被害を減らすためにもスパイウェア対策ソフトは必ず利用しましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ