ハッキングによる被害

  ハッキングによる被害とはここで取り上げる事は厳密にはクラッキングによる被害の事を言います。


  さてハッキングによる被害とはwebサイトの脆弱性をついて悪意のあるプログラムをしかけ閲覧した人にマルウェアなどのウイルスを設置したり、ハッカー自身のサイトのリンクを挿入したり、別の違うサイトや悪意のあるサイトへと誘導するリダイレクトされる被害の事を言います。


  webサイトのハッキングによる被害は人気のサイトであればあるほど閲覧者が多いのでかなりの勢いでマルウェアなどが仕組まれている場合は感染していきます。


  感染する方法は多くがウェブブラウザやパソコンにインストールされているソフトの脆弱性をついた攻撃が多くページを開いただけで知らず知らずの内にハッカーが仕掛けた罠にかかってしまうという大変恐ろしいものです。


  またwebサイトに限らず遠隔地からパソコンを乗っ取られる事もハッカーによる被害と言えます。


  自分の意思とは無関係にパソコンが他人のサイトや企業のサイトに攻撃をしかけたり、ウイルス発祥の源になっていたりするので今度はアナタが加害者になってしまう可能性も秘めています。


  身に覚えのないサイトへの接続を行っていないか、または何もしていないのにいきなりパソコンが重くなったり挙動不審になったりしていないか等、一度チェックをしてみることをオススメします。


  外部からの不正が攻撃を防いでくれるソフトウェアの購入費をケチってしまったばっかりにパソコンが乗っ取られ、そのソフトウェアの何倍もの賠償金を請求されてしまう前に出来る限りの防衛をする様に心掛けましょう。


[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ