偽ブランド品による被害

  偽ブランド品による被害とは、通販サイトなどで実在するブランド物の商品が売られており実際に購入してみるとブランドのロゴや名前だけが書かれており、実際の商品とは違っていたり作りが粗悪だったりする被害です。


  この被害の怖い所はインターネットで商品が確認出来ないので騙されてしまいやすい事ではなく、偽ブランド物による被害があるとわかっている人が騙されてしまう所にあります。


  他の商品とは違い時期や流行などでブランド製品は時に大幅な値引きがされていたりするのでショッピングサイトでありえない金額で値段が提示されていたとしてもバーゲンセールとか在庫処分とかの名目であれば納得してしまう怖さがあります。


  それ故に偽物のブランド品だとは思わず代金を銀行に振り込んでしまい商品が送られて来てから気づくも、業者と連絡を取ろうとしてもメールアドレスくらいしか記載がされておらず、例えそのメールアドレスが生きていたとしてもそのままスルーされて終わりという事になりかねません。


  こういった被害を未然に防ぐには何よりもまず商品よりも「業者」を確認する必要があります。知名度が高く信頼のおける大手サイトを利用する事はもちろんですが、実際にトラブルが発生した場合において連絡先が記載されているのか、その連絡先は生きている、通じているのか。また、掲載されている業者の住所は本当に存在しているのか?などと言った事は得体の知れないインターネットショッピングを利用する上での必須であり必要最低限チェックする項目です。


  自分が被害に遭わないようにする為には何よりもまず相手を知る事からはじめましょう。


[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ