架空請求被害

架空請求は、見に覚えの無い請求をでっち上げられて請求されることです。
多くの場合はアダルトサイトなどで画像や動画をクリックした場合にいきなり画面上に現れて請求されることで被害が出る事が多いようです。
その画面上には数日以内に入金の確認ができなければ、実際にあなたの住所まで出向きますといった内容が書かれていて、IPアドレスなども一緒に記される事があります。
また支払いに応じなければ裁判をするといったことまで書かれている場合があります。

なんだかよくわからないけど、アダルトサイトを見て料金を払っていない事が家族などにばれてしまうという不安や、請求された料金を踏み倒す後ろめたさ、裁判に発展するかもしれないという恐怖感などを逆手に取られて被害に発展するケースが多いようです。

こういった手法は詐欺に近いといえます。
本来料金が発生するならば事前に伝える必要があるでしょう。
これより先は料金がいくらかかりますといった案内も無く、契約の意思すら表明していないのにいきなり請求された所でこの契約は成立したとは言えませんので、支払いの義務はありません。

IPアドレスやメールアドレスの情報を知られたくらいで個人を特定できるのは、捜査令状を持った警察くらいのものでしょう。
ですから見に覚えの無い請求に怯えなくても大丈夫です。
どうしても不安が拭えないというなら全国にある消費生活センターや最寄の警察署へ相談されてもいいでしょう。

一番やってはいけない事は架空の請求に屈して料金を支払う事です。
この支払った料金は回りまわってまた騙されるために使われてしまいます。
あなたと同じ思いをする人が増えるので決して支払わないようにしましょう。
また被害に遭った人は被害者リストとしてこういった業者のカモリストにされてしまいます。
類似の詐欺紛いの手口でしつこく騙そうとしてきますので、そうならないためにも毅然とした対応が望まれます。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ