ジェイルブレイク(脱獄)したiPhoneが受ける被害

  ジェイルブレイク(脱獄)したiPhoneが受ける被害とは、改造されたアプリを自由にインストールする事が出来るようになったiPhoneがマルウェア(ランサムウェア)に感染する被害です。
通常iPhoneのアプリはアップルが審査したものしかインストールする事が出来ない様になっていますが、ジェイルブレイクやJB、脱獄と呼ばれる操作をする事によりアップルが認めたもの以外もインストールが可能となります。もちろんジェイルブレイクするだけでマルウェアに感染するというわけではありません。

  一番話題になった「Ikee」というワーム(マルウェア)は壁紙を書き換えるというだけですみましたが、最近ではオンラインバンキングなどの情報を盗み出すマルウェアも確認されているようですから注意が必要です。

  また悪意のある第三者からリモートで操作される状態にiPhoneがなってしまうので、マルウェアなどを振りまく巨大ネットワーク(ボットネット)に取り込まれる危険性もあります。 通常パソコンであれば電源を落としていれば外部との通信は出来ませんが、スマートフォンなどのデバイスでは電源を落とすことなく常にスタンバイモードで扱われ常時ネット接続という状態ですからパソコンでボットネットに感染するよりも性質が悪いと言えるでしょう。
その他にも先の「Ikee」と機能(壁紙を書き換えるだけ)は同じでも、乗っ取られたiPhoneを元に戻したければお金を払え!などと言ったランサムウェア(マルウェア)も出現しているようです。

  こういった被害に遭わない為にはもちろんジェイルブレイクをした端末で審査外のアプリをインストールしない事です。 そもそもジェイルブレイクは自己責任であり、テンプレで初心者でもわかりやすい説明がされているまとめサイトを見てしか権限を乗っ取る事が出来ない人は手を出さない方が賢明でしょう。
iOSのバージョンによってはアプリをタップするだけでジェイルブレイクが完了するのもありますから、ジェイルブレイクをする事によるメリット、デメリットを天秤にかけ、一時の不便さにだけ捕らわれないようにしましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ