アダルトサイトによる被害

  アダルトサイトによる被害とは、アダルトサイトを閲覧していた時に利用をしていない、又は利用料金が発生する事に同意していないのにも関わらず利用料金が請求されるという被害です。 無料と最初は表示されていたのにいつの間にやら有料のサイトになっていたというパターンです。 昔からある手法で誘導先のURLをクリックすると別の画面に飛ばされたりポップアップウィンドウが表示され、いついつまでに利用した料金を払う事、払わなければ法的な処置を取る、個人情報は取得したから逃げられない。といったような脅し文句でたくみに金銭を要求してきます。 もちろん明確な同意がなければ払う義務は一切ありませんが、頻繁に請求してくる画面が表示されたり、利用料金が最初は安く、渋れば渋るほど高額になっていくので、騒ぎが小さい内に納めるようにと言った真理から支払ってしまう人も少なくないようです。

  利用料金を請求してくるウィンドウは消しても消える事がなく、またIEを一度終了して再度立ち上げたとしても表示されるという消える事のない仕様になっている場合が多いです。 さらには例えIEなどのブラウザを使っていなくても、インターネットに接続されていなかったとしても、ウィンドウが表示されることもあり、ゾンビのように消えないウィンドウに利用者はだんだんとまいってきます。 そして最も厄介なのがアダルトサイトで表示されるポップアップは通常のポップアップとは異なりアダルトサイトを閲覧した事によりウイルスに感染した影響のものもあります。 上記の場合がそうですが、パソコンを再起動したとしてもブラウザのキャッシュやクッキーなどを削除しても表示が消えてなくなる事はありません。

  さらに請求されている金額が最初は少ない事から、つい振り込んでしまうという傾向があります。しかし1度振り込んだからと行ってウィンドウが消えることはありません。 逆に以前より多くのお金を要求するようになってきます。金額が増える名目は「料金遅延によるシステム料金やサポート料金」といった具合です。 さらに個人情報がばれてしまっているからと言って講座に振り込む時に名前を本名などにしてしまうと、そこで本当に個人情報が漏れてしまいます。

  インターネットでwebサイトを閲覧するだけでは、名前や住所など細かい所まではわかりません。しかしその手のサイトは「~県・府」に住んでいてISP(インターネットサービスプロバイダ)は「~」のを使っている、OSの種類は「~」と言った あたかも個人情報が漏れてしまっているという風な見せ掛けの情報を表示してきます。これらの情報は誰にでも入手する事が可能であり住んでいる大まかな地域やISPの会社、OSの修理がバレたからと言って身元を特定するのは不可能です。 しかしインターネットにあまり詳しく無い人は、身バレしていると思いついうっかりと振り込むようです。

  また自分専用のパソコンであれば誰にも見られる事もなくとやかく言われる事がないので放置していたとしても問題はありませんが、家族共有のパソコンだった場合はもちろん問題が生じると思います。 特に利用者が未成年だった場合は、親にバレたらまずいという心理で自分のお小遣いで払える範囲であれば安易に払ってしまうという事が起こりえます。

  こういった被害に遭わない為には何よりもまず怪しいサイトを開かない事です。 アダルトサイトの殆どにウイルスがしかけられていると言ってもいいほどです。 よく海外のアダルトサイトは危ないと耳にしますが、国産のサイトでもそれは同じです。

  男性が引っかかり易そうな「裏物」や「無修正」「盗撮」等々のジャンルだけでなく、女性もひっかかるサイトも罠が仕掛けられているそうですから、安易にページで設置されているリンク先はクリックしないようにしましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ