インターネットバンキングを狙った被害

  インターネットバンキングを狙った被害とは銀行の支店に行って操作する同等の行為をインターネット上で行う事により口座から現金が抜き出される被害です。 単にネットバンキングやオンラインバンキングとも言い、口座の開設や残高の振込・引出・確認など実際の店舗で行う事と同等の事がインターネットを通じて利用する事が出来ます。

  手口としてはウイルス・マルウェアの仕組まれたパソコンで銀行のページにアクセスをする事によりパスワードなどの個人情報が盗み見られると言った手口や 利用している銀行ソックリのページを表示させて、パスワードの変更などと言った理由で暗証番号などを打ち込ませる方法で情報が抜かれます。

  利用している銀行のページにアクセスをするとウイルス等がそれを検知して不正なポップアップウィンドウを表示するようになっており それ以外はおとなしく身を潜めているので自分のパソコンがウイルスに感染しているとは気付かず暗証番号を入力してしまうようです。

  被害対策としては銀行が運営しているサイトでは、全てのデータを入力させられるという事はありません。 つまり第二暗証などが設定されている銀行の場合は、予め送付されてきている数字がランダムに書かれたカードの全ての番号を問われる事はありません。 さらにセキュリティー確認の為、何度も確認されるという事はありません。

  また以前利用していた時は表示されていなかったようなポップアップ画面やその他の画面が表示された場合は、一度銀行のサイトを利用する事をウイルスの感染などを疑うと共にインターネットで同様の症状が無いか検索してみましょう。 さらに自分しかログインしていないと思わずログインをしたら必ず前回ログインした時の利用時間をチェックして記憶にないログイン情報が出てきたら不正に口座が利用されていないかチェックする様に心がけます。 もちろん利用するOSやブラウザー、Flashに文章系ソフト(PDFやオフィス系アプリ)など脆弱性を狙われやすいソフトは常に最新版へと更新するのを忘れないようにしましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ