フィッシング被害

フィッシングは、銀行やクレジットカードといった有名企業のホームページと見た目そっくりなサイトを作り、その場で個人情報やID、パスワードを入力させてそれらの情報を騙し取る手法をいいます。
完全に騙す目的なので詐欺といっていいでしょう。この方法は騙されたことに気付く時は被害に遭った時が多いので注意が必要です。

普段は自分の使っている銀行やクレジットカードのホームページは、お気に入りやブックマークといったものでアクセスする事が多いと思います。ですからいくらそっくりなホームページを作ったとしても、そんなサイトへはアクセスしないはずです。
しかし被害が増えているのが現状なんです。その仕組みこのようになっています。

事の発端として多いのがメールによる案内です。
そのメールにはセキュリティの向上のためご本人の確認が必要ですといった案内を送信します。
それを読んだ利用者がメール内にあるリンクをクリックすると、先ほどいったような見た目そっくりなサイトにアクセスしてしまいます。
今までと違和感の無い作りになっていると疑うことも無く、ついつい情報を入力してしまい被害に遭ってしまうのです。

これが詐欺だとわかる時は全財産を騙し取られたり、多額のクレジットカードの請求です。大きな被害につながりますので、こういった重要な内容がメールで送信された時は面倒でも必ず確認するようにしてください。
ホームページへの情報確認や営業所への連絡などをして事実かどうかのチェックをしたり、実際にアクセスしたURLをチェックするなどある程度の対策が取れるはずです。

被害額が大きく、騙す目的の詐欺ですから狙われた場合は被害に遭う確率が非常に高くなります。くれぐれも安易に信用する事無く、確認を取るようにしましょう。
また万一これがフィッシングだとわかった場合は当該の企業である銀行やクレジットカード会社へ連絡しましょう。早急に対策してくれるはずです。
あなた以外の被害者がすでにいるかもしれませんし、今後被害者が出るかもしれません。そうなる前に手を打つことが重要です。

とても判断が難しい内容ですから、もしやと思ったり重要なパスワードの変更案内をメールのみで連絡してきた時は念のために問い合わせてください。
何も無ければ取り越し苦労で終わりますが、もし詐欺だった場合は大きな被害を受けることになりまねません。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ