話題のニュースに便乗しマルウェアに誘導される被害

  話題のニュースに便乗しマルウェアに誘導される被害とは、最近であればベネディクト16世の退位と新法皇の騒ぎに便乗して送られて来るメールでマルウェアなどの被害に遭うというものです。 迷惑メール送信者から送られてくるメールは「新法王が性的虐待の疑惑」などと言った以下にもゴシップ的要素溢れる見出しで、本文に記載されているURLをクリックすると悪質なサイトへ誘導されマルウェアの餌食になるというものです。

  つまりスパマーにとって数週間もの間、世間を賑わせるニュースは便乗する絶好のチャンスなので、いつでも彼らはネタとなる話題を探しています。 ちなみに法王関連で被害に遭う攻撃は「BlackHole悪用ツールキット」と呼ばれる悪意のJavaScriptが埋め込まれたページにユーザーがアクセスをすると、コードが実行されてマルウェアなどがインストールされるという事です。

  悪意あるコードが実行されシステムの脆弱性をつかれるアプリケーションは、javaやフラッシュプレイヤー、ウィンドウズヘルプにアドビリーダーなどです。 常にシステムを最新のものに保つ事を忘れないようにしてください。 もちろん問題のあるURLをクリックして実行さえしなければ人畜無害にゴシップメールを楽しむことは出来ます。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ