【Adobe】認証システム不具合による被害

   フラッシュプレイヤー等で有名なAdobeが、サーバーダウンをおこし24間以上ログイン出来なかったようです。

   原因は本社のサーバーメンテナンス中、利用者の認証システムに不具合がおきたようです。 この事でAdobeIDを使ったサービスが24時間以上も利用出来なくなったみたいです。 影響を受けたソフトはCreative Cloudや各種サービス、体験版のダウンロードまでかなりの範囲です。

   現在は復旧しているようですが電子書籍をリリースしている媒体に配信の遅れが出るなど、その影響は大きいようです。

   では、こういった被害に遭わない為に、どうすればいいのでしょうか。 1つは、こういったWebサービス認証方のものを利用しないという事。 Adobe製品であればオフラインで利用出来た最後のバージョンは捨てずに残しておくことがいいと思います。

   クラウド製品は場所を選ばず利用出来るので大変便利なサービスですが、 少しでもネットやサーバーに障害が発生してしまうと自分では対処の出来ない所で、 ソフトが利用出来なくなったりデータがとんでしまう可能性もあります。

   それ故にオフラインでも利用可能なバージョンを残しておくかクラウドに頼り切っていないものを利用する方がいいと思います。 データはバックアップさえとっておけばクラウドでも問題ないと思いますが、ソフトの認証はどうしようもありませんからね。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ