ネットストーカー被害

ネットストーカーは、ネット上においてストーカー行為をされる事をいいます。
例えばブログなどを個人で開設していて、メッセージのやり取りの中で一方的に好意を寄せられ、断ったらストーカーに発展していくような事例がとても多くなっています。
ブログやホームページを個人で運営していても、個人的な情報などを安易に掲載するような事は被害の拡大を招きますので注意してください。

インターネットの世界では面と向かってやり取りする現実世界よりもストーカー化しやすくなっています。
また攻撃性も下手に相手を知らない事が過激になりやすくなっています。
相手の好意をコントロールする事は不可能ですが、そうなった場合でも被害を最小限に抑えるために個人の情報をあまり公開しないようにしましょう。
自分ではこれ位大丈夫だと思っていても、過去に公開された情報を集めると以外にも個人を特定できる場合があります。
ですからそういった被害の可能性も考慮してブログやホームページを楽しんでください。

ネットストーカーの被害では個人を特定さえされなければ、比較的軽度で済む場合があります。
例えばメールフィルタを使って相手を無視する事もできますし、メッセージの書き込みに関しても多くのブログサービスで規制する事ができます。
そういったものを利用すれば特に大きな被害を受けずにいられるでしょう。

しかし過去に多くの情報を公開していたり、プライベートでのやり取りが既にある場合など、どうしようもない時もあるでしょう。
そういった時には警察や消費生活センター、法律の専門家などに相談してください。具体的な被害を受けたかどうかは別にして、今後の対応など気軽に相談しましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ