ワンクリック被害

ワンクリックとは、インターネット被害の中で一番多い物かもしれません。
それほど多く存在していて、インターネットをやっていると誰でも一度や二度は経験があるといってもいいでしょう。
簡単にいえば一度クリックするだけで登録や入会が完了してしまい、入会料や利用料などが請求される詐欺の事です。

この方法には他に「ツークリック」「スリークリック」「フォークリック」とクリックする回数によっていろいろ呼ばれますが、やってる事はどれも同じです。
アダルトサイトなら「18歳以上の方はコチラ」と書かれたリンクをクリックすると登録完了になったり、「サンプル動画を見る」と書かれたリンクをクリックすると料金が請求されるといった内容です。
また迷惑メールなどは「配信停止はコチラ」と書かれたリンクをクリックするとさらに多くの迷惑メールが来たりします。
一度のクリックだけでなく、「本当に18歳以上ですか?」や「この内容で送信しますか?」といったページが何度か出てくるものもありそれらが「ツークリック」などと呼ばれます。

このように騙しリンクを使って契約させますので、クリックする側は契約に同意しているわけではありません。
ですからこういったクリック被害は特定商取引法により契約の無効になります。
とにかく慌てずにワンクリック被害にあった場合は、わざわざ相手に連絡する事もせず無視するようにしましょう。下手に連絡を取るとかえってややこしくなるケースがあります。
どうしても心配なら相手に連絡する前に消費生活センターなどに相談しましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ