名誉毀損被害

インターネット上では相手が見えない分、油断をするとすぐに攻撃的になってしまいます。これだけ一般的にインターネットサービスがある現在、特定の相手へ誹謗や中傷などが行われる状況があります。
根も葉もない噂から隠しておきたい事実に至るまで場合によっては名誉毀損に当たる場合があることを認識しましょう。
これは相手へ傷つけないためでもあり、回りまわって自分が被害を受けないためでもあります。

ブログや掲示板、ツイッターなど多くのツールやサービスで自分の意見を言える場が増えることはいいことなのですが、自分の発言には責任が伴います。
インターネット上ではその責任といった部分が欠如しやすい環境にあります。匿名性をいいことに言いたい放題意見を言うことは決していいことではないでしょう。

言う立場と言われる立場は温度差があります。言う立場の人は言っている最中にヒートアップして限度を超える場合がありますが、相手がそばにいるのなら雰囲気が伝わりますのでこれ以上は駄目だと感じる事もあるでしょう。
しかし相手がそばにいない。または自分の意見を見ていないと思うとどんどん過激になり、引くに引けない状況になることもあります。

はじめに言ったように根も葉もない噂はもちろん、書き込んだ内容が事実であっても名誉毀損は成立します。
そのことをどうか忘れずに冷静になって楽しくツールやサービスを利用しましょう。

万一誹謗や中傷の被害を受けた場合、サイトの管理者やサーバの管理者に書き込みの削除を要求する事ができます。
専門的なことも出てきますので、まずは消費生活センターや最寄の警察などでご相談ください。場合によっては法律の専門家の手を借りなければならないことも出てくるかもしれません。

また、いつ自分に降りかかるかもわかりません。節度を持って利用するようにしてください。被害者になっても加害者になっても結局は誰も得をしないことですから気をつけましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ