詐欺関連のニュース一覧

クレジットカードのスキミングによる被害

コンビニ店員が客からクレジットカード情報を盗み不正利用していたようです。

早速登場!Apple Watchの偽販売サイト

BBソフトサービス株式会社が行っている4月度のインターネット詐欺リポートが発表されました。

アダルトサイト関連で二次被害にご注意

アダルトサイトで被害を受け、その相談先として選んだサイトで被害に遭うという事が増えているようです。

女性も被害に遭うワンクリック詐欺

スマートフォンの普及によりワンクリック詐害の被害が後を絶たないようです。

狙われるスマホ利用者

スマホのフロントについているカメラを悪用するワンクリック詐害が増えているようです。

Apple Watch発売に便乗した詐欺サイトによる被害

トレンドマイクロの調べるによるとApple Watchを無料でプレゼントするという名目で詐欺するサイトを確認したようです。

プリカ入金による詐欺被害

コンビニに設置されているマルチメディア端末を利用する詐欺被害が増加しているようです。

偽装、楽天市場による被害

楽天が自社のサービスである楽天市場や、そのショップを偽装した偽サイトを公表しました。

ネットで模造品が無くなる日も近い?

ウェブ監視を行う企業、イー・ガーディアン株式会社が人口知能型画像認識システムを開発したようです。

スマホ向けアダルト動画サイトによる被害

動画を閲覧しようとするとブラウザを人質に取られるワンクリック詐欺が流行っているようです。

スマートフォンを狙ったワンクリック詐欺が増加傾向

新潟県でワンクリック詐欺の相談件数がピーク時の2011年度を超えるペースで増えているとの事です。

ストア乗っ取りによる被害

沖縄にあるデベロッパー『SummerTimeStudio』がAmazonアプリストアの乗っ取り被害にあったようです。

フィッシング詐欺メール:セゾンNetアンサーに注意

セゾンカードの偽サイトへ誘導するメールが流行っているようです。

アップデートを怠ることによる被害

ウイルス対策ソフトを入れているという過信が不正アクセスを招くようです。

【便乗】ベネッセ個人情報削除【商法】

ベネッセの個人情報流出事件に便乗し個人情報を盗んだり金銭を要求する電話が増えているようです。

【ベネッセ】ウィメンズパーク/ライフスマイルショップ【漏えい】

LINEのアカウントが乗っ取られると、電子マネー騙し取ろうという手口が流行っているようです。

【お中元】詐欺サイト【日本の習慣】

日本のお中元を狙って高額商品を買わせようとする詐欺サイトが検知されたようです。

ウェブマネーを騙るフィッシングメール

フィッシング対策協議会によると、電子マネーの1種、ウェブマネーを騙るフィッシングメールが出回っているそうです。

【6月】ジューンブライドを狙う詐欺に注意【水無月】

「Internet SagiWall™」が高額なドレスを80%オフなどといって詐欺行為を行う詐欺サイトを検知したようです。

三菱東京UFJ銀行をかたるフィッシング詐欺メールによる被害

現在も進行形でフィッシングサイトが稼働中の、三菱東京UFJ銀行をかたるフィッシング詐欺メールが出回っているようです。

内職サイトを利用したらお金の振り込みを要求される被害

どうやらメルマガを作成する内職のサイトに登録すると、ホームページ作成代などといった名目で多額の支払いを要求させられるようです。

各国のフィッシング詐欺

フィッシング詐欺は日本だけでなく世界の様々な所で攻撃を受けていますが、地域によってその傾向が違うようです。

ネットバンクの不正送金による被害が急増中

どうやら兵庫県ではネットバンクの不正送金被害が、昨年1年を今年の数ヶ月で上回ったようです。

ゆうちょ銀行をかたるフィッシングによる被害

どうやら『【重要】ゆうちょ銀行からのお知らせ』というタイトルのフィッシングメールが出回っているようです。

KADOKAWAのサイトがフィッシングに悪用されるという被害

株式会社KADOKAWAのオフィシャルサイトが不正侵入を受けフィッシングメールの送信に悪用された可能性があるようです。

EAのサーバがハッキングによる被害、Apple IDが流出?

ゲーム会社として有名な米Electronic Arts(EA)のサーバーがハッキングによる被害を受け、Apple IDや個人情報を読み取るフィッシングサイトをホストしているようです。

狙われるGoogle アカウント

最近、Google Docs(いわゆるワード)やGoogleドライブ(オンラインストレージ)を利用しているユーザーを標的とした詐欺メールが、かなり巧妙なようです。

狙われるモバイルユーザー、不正サイトによる被害

モバイル向けの不正サイトが急激に増えており、その手法はオンライン詐欺が中心となっているようです。

ANAマイレージクラブの会員向けサイトで不正ログインによる被害

ANAマイレージクラブの会員向けサイトで不正ログインによる被害とは、季節物の賞品を購入出来ると謳い詐欺サイトへ誘導するという被害です。

季節の需要を狙った詐欺による被害

10日、ANA(全日本空輸株式会社)の会員向けサイトで不正ログインがあり、会員のマイルがiTunesへのギフトコードへと交換されていたようです。

偽の警告メッセージによる詐欺被害

偽の警告メッセージによる詐欺被害とは、『ウイルスに感染』といったような嘘偽のメッセージを表示させ現金をだまし取る被害です。

標的型攻撃及び水伸び場型攻撃による国内の被害

警察庁が27日『平成25年中のサイバー攻撃の情勢及び対策の推進状況について』という資料を公開しました。

検索連動型広告による被害

検索連動型広告による被害とは、検索結果に応じ適切な広告を表示するシステムを悪用しフィッシング詐欺サイトへ誘導される被害です。

『OMC Plus』を語るフィッシングメールによる被害

『OMC Plus』を語るフィッシングメールによる被害とは、株式会社セディナを装いOMC Plusの正規画面を偽装したWebサイトへ誘導するという被害です。

インターネットショッピングで被害に遭っていませんか?

BBソフトサービス株式会社が年末に行ったインターネットの利用実態に関するアンケート調査の結果を公表しました。

JALマイレージで不正アクセスによる被害

JALマイレージで不正アクセスによる被害とは、JAL会員向けのサイトに不正アクセスがあり会員のマイルがAmazonギフト券に交換されていたという被害です。

いつもと違う画面に個人情報を入力するという被害

いつもと違う画面に個人情報を入力するという被害とは、普段表示されている画面と違う事に気付きながらも個人情報等を入力し不正送金などの被害に遭う被害です。

ピザーラやツルハの偽アプリによる被害

ピザーラやツルハの偽アプリによる被害とは、ピザーラを運営する『フォーシーズ』が作成していないのにも関わらず、意図が不明なアプリをリリースされ対応に追われるという被害です。

スマートフォンのワンクリック請求アプリによる被害

スマートフォンのワンクリック請求アプリによる被害とは、特に怪しくないアプリだと思っていたのにアプリの支持に従っていくと料金を請求されたという被害です。

やくざを語る被害

やくざを語る被害とは、出会い系サイトを利用して知り合った相手に『おれはやくざ』などと脅して乱暴するという被害です。

個人名義の口座の前払いによる被害

個人名義の口座の前払いによる被害とは、違う商品が届いたりなどして返金させる場合、連絡先がなかったり等で交渉が出来ないという被害です。

GoogleアカウントIDが盗まれるという被害

GoogleアカウントIDが盗まれるという被害とは、GooglePlay上に存在しているアンドロイドアプリが密かにGoogleアカウントIDを外部へ送信するという被害です。

オンラインゲームに関する被害

オンラインゲームによる被害とは、親名義のクレジットカードを利用して多額のアイテムを購入して高額請求となるトラブルの事です。

楽天銀行の偽サイトによる被害

楽天銀行の偽サイトによる被害とは、楽天銀行のページに似せて作られた偽サイトに気付かずアカウント情報を入力し情報が漏えいするという被害です。

警察官を装った詐欺電話による被害

警察官を装った詐欺電話による被害とは、警察官を語った男などから現金を騙し取られるという被害です。

年末年始に登場するオンライン詐欺による被害

年末年始に登場するオンライン詐欺による被害とは、サイフの紐が緩む年末年始を狙ってオンラインバンクなどを対象に詐欺を働くという被害です。

三菱東京UFJを語るフィッシングメールによる被害

三菱東京UFJを語るフィッシングメールによる被害とは、あたかも三菱東京UFJから送られてきたかの様に装いアカウント情報を抜き出そうとする被害です。

アップルIDが狙われる被害

アップルIDが狙われる被害とは、iPhoneでお馴染みのアップルが管理する『AppleID』を聞き出そうとする被害です。

狙われる無料音声通話サービスによる被害

狙われる無料音声通話サービスによる被害とは、LINEなどの無料でSMSや通話が出来るサービスを悪用しフィッシングの被害に遭うという事です。

記憶にない未払い料金の請求などによる被害

記憶にない未払い料金の請求などによる被害とは、利用した記憶の無い出会い系サイトなどから利用料を請求され、払わされるという被害です。

ソーシャルネット等を利用した情報漏えいによる被害

ソーシャルネット等を利用した情報漏えいによる被害とは、インターネットをより使いやすくする為に利用したサービスから情報を漏らしてしまうという被害です。

ポイント制サイトによる被害

ポイント制サイトによる被害とは、広告をクリックしてもポイントが利用者に還元されないという被害です。

大量のワンクリック詐欺アプリによる被害

大量のワンクリック詐欺アプリによる被害とは、ワンクリック詐欺アプリが大量にアップロードされすぎて公式による削除が追いつかずダウンロードされてしまう被害です。

プライバシーポリシーを正しく伝えない被害

プライバシーポリシーを正しく伝えない被害とは、webサイトやスマートフォンアプリなどにおいて個人情報を取得するのにも関わらず用途を正しくユーザーへと伝えていないという被害です。

2ちゃんねるビューアを利用した人の被害

2ちゃんねるビューアを利用した人の被害とは、2ちゃんねるを専用の閲覧ソフト通称「●」を用いた人がクレジットカード情報などが漏洩した被害です。

狙われる日本のネットバンキングによる被害

狙われる日本のネットバンキングによる被害とは、正規の金融機関のサイトにアクセスしたのにも関わらずお金を盗まれる被害です。

インターネットバンキングで表示される偽ログイン画面による被害

インターネットバンキングで表示される偽ログイン画面による被害とは、銀行のインターネットサービスで表示される画面が正規のものではなく偽画面が表示されIDやパスワードが盗まれるという被害です。

GooglePlayのランキング上位に表示される詐欺アプリによる被害

GooglePlayのランキング上位に表示される詐欺アプリによる被害とは、アンドロイド用のマーケットであるGooglePlayで表示されるランキングに詐欺アプリが表示され被害に遭うかも知れないという事です。

ブラウザの警告を無視した事による被害

ブラウザの警告を無視した事による被害とは、インターネットエクスプローラーやFireFoxなどのブラウザから、フィッシングサイトやSSL証明書不一致の警告が表示された時、警告文を読まずに無視しマルウェア等に感染する被害の事です。

不正アクセスによるウェブサイトの改ざん被害

不正アクセスによるウェブサイトの改ざん被害とは、パソコンの機能が限定的な使用にロックされ、解除をするにはオンライン送金や、オンラインアンケートといった対価を求め、応じられなければ通常で使用するパソコン操作に困るという被害です。

コンピュータをロックするマルウェアによる被害

コンピュータをロックするマルウェアによる被害とは、パソコンの機能が限定的な使用にロックされ、解除をするにはオンライン送金や、オンラインアンケートといった対価を求め、応じられなければ通常で使用するパソコン操作に困るという被害です。

Google Playで似アプリ!による被害

Google Playで似アプリ!による被害とは、米グーグル社が提供するAndoridOSをインストールした、スマートフォン端末で同じ似たような名前のアプリを語り誤解させるという被害です。

アンドロイド端末を【人質】にとられる被害

アンドロイドという米グーグル社がリリースしているOS:アンドロイドを搭載したスマートフォンが、【人質】になるアプリが出現したようです。

フィッシング被害に遭わない為に

フィッシング、詐欺被害に遭わない為に2013年度版のガイドラインが公開されました。

アプリのフレームを悪用したスマホアプリによる被害

アプリのフレームを悪用したスマホアプリによる被害とは、スマホを使用する上で欠かす事の出来ないアプリを偽装して公式マーケットに認証させ、その後、詐欺サイトへ誘導するという被害です。

オリンピックなどの話題に便乗したスパムメールによる被害

オリンピックなどの話題に便乗したスパムメールによる被害とは、各種大会や有名選手、チームや関連するイベントを狙って電子メールを送りつけ個人情報や金銭などが盗まれる被害です。

偽サイトによる被害は対策出来るのか?

大阪府警とセキュリティソフト大手などが、代金は受け取ったのに配送しない詐欺サイトや、正規ではない偽ブランド品を売る販売サイトをブロッキングする取り組みを始めたようです。

実際に体験出来るインターネット被害

インターネットで起こる被害を当サイトのように文章で開設している所は多いと思いますが、ビジュアルで実際に被害に遭うまでをシミュレート出来るサイトが誕生したようです。

IP携帯電話による新手の詐欺被害

IP携帯電話と言う、インターネットを使用した電話サービスを利用して詐欺などの悪質な事に悪用されるケースが増えているようです。

なりすましに加えて恐喝される被害

「なりすましメール」と「恐喝」がくっついて、「なりすまし詐欺恐喝メール」というものが最近、急増しているようです。

ネットバンクは使い捨てパスワードも危険!

パスワードさえ変更してしまえばネットバンクの被害は収束してしまうかのように見えた事件でしたが、どうやら今回の事件はそれだけでは終わらないようです。

新たなワンクリック詐欺アプリ

どうやらアンドロイド端末向けのスマートフォン用のアプリで、ワンクリック詐欺サイトに誘導するアプリが配布されているようです。

フェイスブックの広告「オークリー激安サイト」が怪しい!?

フェイスブックの広告からインターネット通販を利用したら詐欺にあった人がいるようです。

「@hyonggi」「フィフィ」事件に見る、なりすまし被害

ツイッターで偽のアカウントを作成して、他人を脅迫する様な事件が起きていたようです。

地方銀行を装った偽サイトに注意!!

地方銀行(富山、石川、福井)のホームページに似せたサイトがインターネットに存在しているようです。

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ