ウイルス関連のニュース一覧

ウイルスは広告から感染するもの?

セキュリティ大手のトレンドマイクロがネット広告がウイルスの侵入経路になるという情報を公開しました。

検知をすり抜けたウイルスを確認する方法

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が既にウイルスに感染してしまっていないか確認する為の方法を公開したようです。

誰しもが簡単にウイルスを作成できるという被害

セキュリティ大手のトレンドマイクロが専門的な知識を必要とせずウイルスを作成できるソフトを見つけたようです。

東京商工会議所、ウイルス感染で個人情報流出による被害

日本年金機構に続いて東京商工会議所も標的型メールによりウイルス感染していたようです。

サイトを開いただけでウイルスに感染する被害

米マッドアッズメディアが配信している広告を載せているWebサイトを閲覧するとウイルスに感染する事があるようです。

狙われるiOS

セキュリティ大手のシマンテックによるとiOSを狙うトロイの木馬が確認されたようです。

日本年金機構の情報流出問題にみる当事者意識の低さ

1度目は簡単な注意喚起で済ませ、2度目にいたっては記憶にないようですね。

日本年金機構の情報流出問題にみる当事者意識の低さ

1度目は簡単な注意喚起で済ませ、2度目にいたっては記憶にないようですね。

新しいウイルス対策ソフトが登場

株式会社アクト・ツーが今までのアンチウイルスソフトとは違うアプローチの ウイルス対策ソフトの無償版を提供開始したようです。

狙われるルーターによる被害

悪意のある第三者に狙われるのはパソコンやスマホばかりではないようです。

日本を狙うランサムウェアによる被害

違和感のない日本語でコンピュータに保存されているファイルを人質にとるランサムウェアが確認されたようです。

日本の企業を標的にした標的型攻撃を確認

『DragonOK』と呼ばれる中国拠点の犯罪者集団が2015年1月~3月にかけて日本の企業へ攻撃を行っていたようです。

増加するランサムウェアによる被害

2014年は2013年に比べてランサムウェアの発見数が113%も増加していたようです。

ワンタイムパスワード無効化による被害

オンラインバンキングに対して有効だと思われていたワンタイムパスワードが破られたようです。

セキュリティソフトの選び方

ITジャーナリストの方がセキュリティソフトの選び方のポイントを紹介していました。

情報セキュリティ10大脅威の第1位による被害

IPA(情報処理推進機構)が『情報セキュリティ10大脅威 2015』を発表したのでご紹介します。

ブラックリストによる被害

毎日20万件以上ものマルウェアによる被害を防止するにはホワイトリスト方式がいいようです。

ウイルスに感染した時にまずするべき事

トレンドマイクロが直ぐに役立つウイルスの対処方法を紹介しているのでご紹介します。

リパックアプリによる被害

お隣の中国ではリパックアプリが横行しているようです。

CMSを利用する事による被害

国内で多数のサイトがイスラム国と改ざんされたのはどうやらWordPressのプラグインの脆弱性がつかれたようです。

2014年に最も多く添付された不正プログラム

トレンドマイクロが2014年のスパムメールの動向について振り返っていたのでご紹介します。

セキュリティに対する意識の違い

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が行ったアンケートによると 基本的なセキュリティ対策をしていない利用者は3割程度だったようです。

POSウイルスが日本で確認されるという被害

今まで海外でしか確認されていなかったPOSを狙ったウイルスが、どうやら日本国内でも確認されていたようです。

ウイルス被害に対する調査手段

トレンドマイクロが直ぐに役立つ不正プログラムの調査方法を紹介していました。

サポート打ち切りという被害

AndroidOSを開発しているGoogleがAndroid4.3以下をサポートしないという話がありましたが、 その影響については今のところ問題はないようです。

メーカー製のメーカーによるマルウェア被害

ノートパソコンの分野で有名な Lenovo製のコンシューマ向け製品に 組み込まれていた『Superfish』に対して 公式から発表と対策があったようです。

スマート家電による被害

インターネットに接続できるスマート家電によるサイバー攻撃が多発しているようです。

増え続けるネットバンク不正送金の被害額

2月12日に警察庁が昨年のネットバンクを使用した不正送金額を発表しました。

被害者から加害者になるという被害

首都大学東京のNASがスパムメールの踏み台となっていたようです。

ソニー銀行がネットバンクの不正送金被害に対策

ソニー銀行が不正送金事件に対して新たな取り組みを始めたようです。

最新バージョンのFlashPlayerでも要注意!

現在、最新バージョンのAdobe社製のFlashPlayerで未確認のゼロディ脆弱性が発見されたようです。

POSシステムを狙ったウイルス

コンビニやスーパーで使われている販売時点情報管理システム、いわゆるPOSを狙ったウイルスが新たに報告されています。

軽量ウイルスソフトでセキュアライフを

セキュリティソフトと言うと重かったり更新が頻繁で使いづらかったり更新料が高いというイメージがあるかも知れませんが、それらを覆すソフトが現れました。

日産自動車のホームページが改ざんされるという被害

カルロスゴーン社長で有名な日産自動車のホームページの1部が不正アクセスで改ざんされていたようです。

狙われるNAS

パソコンやスマホ本体ではなく、ネットワーク上の保存機器が狙われる時代になったようです。

狙われる小売・サービス業界

POSシステムに不正に侵入してカード情報が盗まれるとアンダーグラウンド市場で販売されるようです。

狙われるカード会社

どうやら悪意のある第三者が狙うのはオンラインバンクだけでなくカード会社も狙うようです。

【動画サイト】Dailymotionで改ざん【マルウェア】

動画共有サイトとして有名なDailymotionでページが改ざんされマルウェアが仕組まれていたみたいです。

ネットワークから盗み見られる被害

今年の6月から保護された通信でさえも監視し情報を搾取する不正プログラムが発見されたみたいです。

【広告】検索連動型広告によるウイルス被害【Flash】

数日前から偽FlashPlayerサイトを賑わせているのはアフィリエイト目的のアドウェアだったようです。

2014 FIFA ワールドカップに便乗するサイバー犯罪

今月に入ってからフィッシング詐欺や、不正なアプリが数多く確認されているそうです。

ランサムウェアによる被害

モバイル端末のファイルを暗号化して人質に取る悪質なアプリが複数存在しているようです。

【Evernote】脅迫的DDoS攻撃による被害【feedly】

クラウドメモ帳として有名なEvernoteとRSSで有名なfeedlyがDDoS攻撃の被害に遭っていたようです。

POS端末がサイバー攻撃に狙われる被害

パソコンではなく小売や飲食で使われるPOS端末を標的にしたサイバー攻撃が国内で確認されたようです。

【MS】6月11日公開【脆弱性修正】

日本マイクロソフトが6日、11日に公開を予定してるパッチの詳細を公開しました。

【FIFA】オンライン銀行詐欺ツールによる被害【ワールドカップ】

偽のFIFAサイトで不正プログラムに感染した利用者が、今度はオンラインバンクの被害に遭うみたいです。

【メルコ】一部ファイルが不正改ざん【BUFFALO】

バッファーが配布していたドライバやユーティリティなどの1部ファイルがどうやら不正に改ざんされていたようです。

株式会社H.I.SのサイトでもFlashの脆弱性を悪用した攻撃コードによる被害

Flashプレイヤーの脆弱性(CVE-2014-0515)を悪用した攻撃にどうやら大手旅行代理店のH.I.Sが狙われたようです。

【Flash】狙われる日本の利用者【脆弱性】

動画再生プレイヤーとして有名なAdobe製Flash Playerの脆弱性を悪用した攻撃で日本が狙われているようです。

ストーカー行為などによく利用されていたRAT利用者ら100人逮捕

米国政府は「Blackshades」と呼ばれるRAT(リモートアクセスツール)の利用者ら100人以上を逮捕したようです。

【トレンドマイクロ】複数のサイバー犯罪者が逮捕【シマンテック】

先週末に、ネットバンク利用者への攻撃ツール管理者とクリープウェアに関するサイバー犯罪活動の疑いで欧州で数名逮捕者が出たようです。

Internet Explorer 8に未修正の脆弱性

米HPのZero Day Initiative(ZDI)が21日に発表したところによりますと、新たなIE8の脆弱性が見つかったようです。

POSシステムを狙うウイルスによる被害

トレンドマイクロ株式会社が公開した「2014年1四半期セキュリティラウンドアップ」によると、POSシステムや仮想通過を狙う攻撃が増加しているようです。

旧バージョンのMovable Typeでサイトが改ざんされる被害

『Movable Type』の旧バージョンを使用しているwebサイトが改ざんされる被害が相次いでいるようです。

ネットバンクで新たなウイルス被害

株式会社三井住友銀行のインターネットバンキング『SMBCダイレクト』の利用者情報を盗み取るウイルスが確認されたみたいです。

ウイルス対策ソフトの消滅危機

アンチウイルスソフトとして有名なシマンテック社の、上級副社長自ら「Antivirus software is dead(アンチウイルスソフトは死んだ)」と言ったそうです。

Heartbleedとは違うセキュリティ上の欠陥『Covert Redirect』

世間を賑わせた Heartbleed の第二派と世間を勘違いさせる、Covert Redirect が今話題のようです。

IEの脆弱性が修正!特別にWindowsXP利用者へも提供

InternetExplorer6以上の全バージョンが影響を受ける脆弱性が修正されたようです。

古い情報収集型不正プログラムがパワーアップして活動開始

「TSPY_USTEAL」という不正プログラムが、ランサムウェアなどをバンドルしパワーアップして帰ってきたようです。

フラッシュプレイヤーの脆弱性を修正

米アドビシステムズが28日、フラッシュプレイシャーの脆弱性を修正するアップデートを公開しました。

WindowsXPも影響を受ける!?IEのゼロディ脆弱性による被害

マイクロソフト社製のWebブラウザ、InternetExplorer(IE)のバージョン6~11に影響する脆弱性が発見されたようです。

【Java】Oracle製品の脆弱性が修正されました。【MySQL】

今月の15日にOracle Databaseでお馴染みの米Oracleが、リリースしている製品の定例セキュリティアップデートを公開したようです。

【危険】ネットバンクの不正送金ウイルスが急上昇!!【ネットバンク】

最近のインターネットバンキングの不正送金の手口は、フィッシングではなく不正送金ウイルスなんだそうです。

【アンドロイド】Androidインストール後も安全かチェック【Google】

GoogleがリリースしているAndroid端末が、今後より一層のセキュリティ強化が行われるようです。

FlashPlayerの脆弱性、4件を修正

Adobe Systemsが8日、FlashPlayer(フラッシュ)の脆弱性を修正する最新バージョンを公開しました。

WindowsXPサポート終了による被害

本日、日本時間の4月9日16時を持ってWindowsXPのサポートが終了しました。

狙われる日本のオンラインバンキング

どうやら今後はより一層、日本のオンラインバンキングを狙うトロイの木馬への対応に悩まされる事になりそうです。

WindowsXPがワームの温床になるという被害

エフセキュア株式会社が3日発表した「2013年下半期脅威レポート」によると、全体の1/5を現在は修正されている脆弱性を悪用するワームによる脅威で占められているみたいです。

MS月例パッチ。WindowsXPとOffice2003は最終パッチ有

今月はサポート期間が4月9日で終了する、WindowsXPとOffice2003向けの最終となるパッチも含まれているようです。

中東で発生したサイバー犯罪による被害

アラビア語圏の攻撃者の間で人気を集める『njRAT』と呼ばれるマルウェアがあるようです。

増え続ける不正・高リスクアプリによる被害

モバイル端末を狙った不正・高リスクアプリの総数は2013年10月に100万に到達しましたが、それからわずか半年あまりで200万を突破したようです。

Microsoft Wordの脆弱性により受ける被害

MicrosoftのOfficeシリーズの1つ、Wordの脆弱性が発見されたようです。

Android OSのメモリがクラッシュするという被害

Android OSのメモリがクラッシュするという被害とは、『strings.xml』ファイルのある部分に38万字以上の文字を入力すると発動する被害です。

Suicaのサイトへ大量の不正ログイン試行

JR東日本で主に利用されている電子マネー『Suica』のポイントページに、大量のログイン試行があったようです。

spモードメールに脆弱性

NTTドコモがAndroid用に提供しているメールアプリ『spモードメール』に脆弱性が確認されたようです。

オンラインショッピングサイトの管理者が狙われる被害

オンラインショッピングサイトの管理者が狙われる被害とは、攻撃者が特定の人物/機関を狙うという被害です。

Flash Player、上から2番目に緊急度が高い脆弱性を修正

米Adobe Systemsが11日、フラッシュでお馴染み『Flash Player』の脆弱性を修正したバージョンをリリースしたようです。

マイクロソフト毎月恒例のパッチ、今月は計5件

マイクロソフトが自社製品の脆弱性を修正する為に、毎月リリースしている月例パッチが3月12日に公開されます。

特定の企業を狙ったウェブサイト改ざんによる被害

特定の企業を狙ったウェブサイト改ざんによる被害とは、マルウェアなどが仕組まれたページを特定の組織などが閲覧する事により被害に遭うという事です。

権限の確認なしにインストールするアプリによる被害

アダルト動画視聴アプリで、無料で動画を閲覧させる代わりに指定したアプリを一定数ダウンロードするように促すというアプリが発見されたようです。

狙われる日本のサイト、ゼロディ攻撃による被害

狙われる日本のサイト、ゼロディ攻撃による被害とは、IE10の脆弱性を悪用して不正プログラムを感染させるという被害です。

FlashPlayerの脆弱性による被害

FlashPlayerの脆弱性による被害とは、FlashPlayerの脆弱性を利用し特定の非営利団体が狙われるという被害です。

InternetExploreの脆弱性を狙った被害

InternetExplore(IE)の脆弱性を狙った被害とは、Windows7上のIE10を狙った標的型攻撃の対象になるかも知れないという被害です。

オンライン銀行詐欺ツールによる被害

オンライン銀行詐欺ツールによる被害とは、オンラインバンキングなどの銀行を狙った攻撃用ツールによる被害です。

InternetExplorer10(IE10)に関する被害

InternetExplorer10(IE10)に関する被害とは、IE10を利用して悪意のあるサイトを閲覧するとマルウェアを実行させられるという被害です。

WindowsXPの感染率はWindows8に比べて21倍

WindowsXPの感染率はWindows8に比べて21倍とは、マイクロソフトがWindowsOS、XPと8のマルウェア感染率を調べた所、XPの方が21倍高い事が調査結果から明らかになったようです。

攻撃対象者が利用しているソフトを狙う被害

攻撃対象者が利用しているソフトを狙う被害とは、不特定多数ではなく標的に定めた人物・機関が利用しているソフトウェアの脆弱性が狙われるという被害です。

マイクロソフト毎月恒例の月例パッチ計5件

Windowsの脆弱性を修正する為にマイクロソフトが毎月リリースしているセキュリティ更新プログラム。

GOM Playerを利用する事による被害

GOM Playerを利用する事による被害とは、GOM Playerのアップデート機能を悪用しウイルスに感染するという被害です。

Windows XPを使い続ける事による被害

Windows XPを使い続ける事による被害とは、今年の4月にサポートの切れるWindows XPを使い続けるにより今後永遠にセキュリティリスクを抱えた状態になるという事です。

表計算ソフト「三四郎」の脆弱性による被害

株式会社ジャストシステムが提供している表計算ソフト『三四郎』に脆弱性が発見されたようです。

不正アクセス数が増加するという被害

不正アクセス数が増加するという被害とは、ウイルス・不正プログラム届出件数は減少するも不正アクセス数の届出件数は増加するという被害です。

ネットバンク利用者が別口座に不正送金されるという被害

ネットバンク利用者が別口座に不正送金されるという被害とは、インターネットバンク利用者の預金が、別口座に不正送金されるという被害です。

P2Pファイル共有ソフトを利用し受ける被害

P2Pファイル共有ソフトを利用し受ける被害とは、多人数で1つのファイルを共有するというシステムで知らず知らずの内にウイルスに感染するという被害です。

株式会社KADOKAWAのサイトが改ざんされるという被害

株式会社KADOKAWAのサイトが改ざんされるという被害とは、悪意のある第三者によりページが改ざんされマルウェアが仕込まれるという被害です。

水飲み場型攻撃(ウェブ待ち伏せ攻撃)による被害

水飲み場型攻撃(ウェブ待ち伏せ攻撃)による被害とは、標的となる人物がよくアクセスするサイトを改ざんしマルウェアに感染させるという被害です。

マイクロソフト毎月恒例の月例パッチ、4件中Windows関連が1件

マイクロソフトが毎月公開しているセキュリティ更新プログラム。2014年度、最初の脆弱性は重要が4件あるようです。

古いOSを使い続けると受ける被害

古いOSを使い続けると受ける被害とは、サポートの終了したOSに新たな不具合箇所が見つかり、そこを狙われるという被害です。

パソコンを人質に取られるという被害

パソコンを人質に取られるという被害とは、パソコンなどに保存したファイルがマルウェアにより勝手に暗号化され解除の為に身代金が要求されるという被害です。

Adobe製品のライセンスキーを称した詐欺被害

Adobe製品のライセンスキーを称した詐欺被害とは、米Adobe Systemsの製品のライセンスキーを添付したと称したファイルが実は悪質なファイルだったという被害です。

WindowsXPを使い続ける事による被害

WindowsXPを使い続ける事による被害とは、WindowsXPのサポートが2014年4月9日に終了されて以降も使い続けるとウイルスや不正アクセウの攻撃に遭いやすいという被害です。

アンドロイド端末のJava脆弱性による被害

アンドロイド端末のJava脆弱性による被害とは、悪意のあるページを開いた場合に利用者の意図に反してアンドロイドの機能を勝手に利用されるという被害です。

クリープウェアによる被害

クリープウェアによる被害とは、知らない間にマルウェアがパソコンにインストールされプライベートが密かに覗き見られるという被害です。

マイクロソフト毎月恒例の月例パッチ、緊急5件、重要6件

マイクロソフトが毎月公開しているセキュリティ更新プログラムですが、12月は合計11件あるようです。

2014年も油断出来ないスマホを狙った被害

2014年も油断出来ないスマホを狙った被害とは、モバイルマルウェアの種類が10万種を突破し今後も増え続けるという被害です。

正規マーケットを利用した不正アプリによる被害

正規マーケットを利用した不正アプリによる被害とは、「GooglePlay」から落とした無害なアプリが時間経過で有害アプリに変化して受ける被害などの事です。

Windows XPを狙ったゼロディ攻撃による被害

Windows XPを狙ったゼロディ攻撃による被害とは、2014年にサポートの切れるWindows XPの脆弱性を狙い管理者権限が取得されるという被害です。

『一太郎』の脆弱性を狙った被害

『一太郎』の脆弱性を狙った被害とは、文章作成ソフトである一太郎の脆弱性を狙った攻撃を受けるという被害です。

アンドロイドアプリにより電話番号を無断で盗まれる被害

アンドロイドアプリにより電話番号を無断で盗まれる被害は、グーグル製のOS『アンドロイド』端末から不正に電話番号を盗まれるという被害です。

マルウェアが混入した履歴書による被害

マルウェアが混入した履歴書による被害とは、業務上添付ファイル確認する立場にある人がzipファイルを開く事によりマルウェアに感染するという被害です。

ウィルスを検知しにくいという被害

ウィルスを検知しにくいという被害とは、パソコンのデータ記憶領域に保存されることなくウィルスが実行されるので検知ソフトが発見出来ないという被害です。

狙われる日本のInternet Explorerによる被害

狙われる日本のInternet Explorer(以下、IE)による被害とは、マイクロソフト社がリリースしているIEの脆弱性(セキュリティホール)が悪用され対策前に攻撃の被害に遭うという事です。

ゼロディ攻撃による被害

ゼロディ攻撃による被害とは、脆弱性が広く認知・対策される前に攻撃をしかけられる被害です。

マイクロソフト毎月恒例の月例パッチ、緊急と重要が4件づつ

マイクロソフトが毎月公開しているセキュリティ更新プログラムですが、今回は合計8件あるようです。

9月18日前後に増加するサイバー攻撃による被害

9月18日前後に増加するサイバー攻撃による被害とは、満州事変の発端となった「柳条湖事件」が発生した日前後に例年、サイバー攻撃が増加するという被害です。

Javaを利用した脆弱性による被害

Javaを利用した脆弱性による被害とは、サポートが終了したJavaのバージョン6に脆弱性が存在するという被害です。

Torがボットネットに利用される被害

Torがボットネットに利用される被害とは、匿名通信システムである『Tor』を悪意のあるプログラムで動かされているコンピュータで動くネットワークに利用されるという被害です。

狙われ易いAdobe製品を被害から守る

AdobeのPDFを読むリーダーのセキュリティーアップデートが近々行われるようです。

やりとり型のメール攻撃による被害

やりとり型のメール攻撃による被害とは、何度か同一人物とやりとりを重ねると不正プログラムが添付されてくるという被害です。

SIMカードの脆弱性による被害

SIMカードの脆弱性による被害とは、携帯電話などで主流のSIMカードがありますが、古い暗号化システムの脆弱性を悪用される事により受ける被害の事を言います。

今月のマイクロソフト月例パッチに見る被害

マイクロソフトが毎月リリースしているセキュリティ更新プログラムですが、今月は8件のようです。

CMSの脆弱性により受ける被害

CMSの脆弱性により受ける被害とは、コンテンツマネジメントシステムという仕組みを利用してwebサイトを運営している人が、そのシステムの脆弱性をつかれスパムボットに利用されるという被害です。

マイクロソフト月例パッチでの被害対策

マイクロソフト月例パッチでの被害対策とは、マイクロソフトが毎月、マイクロソフト製のOSなどに関する脆弱性部分を修正しているパッチをあて被害を受けなくするというものです。

最新のニューストピックに騙される被害

最新のニューストピックに騙される被害とは、メールなどの媒体を使って最新の、話題性のあるニュースを標的に送りつけマルウェア等に感染させる被害です。

アンドロイド端末、約9億台が受ける被害

過去4年間に発売されたバージョンが1.6以降の端末、約9億台がマルウェアに感染するという被害が確認されたようです。

フルーツ写真によるスパム被害

フルーツ写真によるスパム被害とは、写真共有ソフト「Instagram」に出回っているフルーツの写真をクリックしてしまうと、ウイルスに感染してしまい、同様のウイルス混入のフルーツ写真を投稿してしまうという被害です。

Java.Cogyekaによる被害

Java.Cogyekaによる被害とは、JAVAの脆弱性を悪用しマルウェアをダウンロードするわけではなく、それ単体で悪質な活動する被害です。

MBRを書き換えるマルウェアによる被害

MBRを書き換えられパソコンが使用不能になる被害とは、MBR(マスターブートレコード)というパソコンの電源を入れた時、どのOSを起動するかなどと言った重要な情報が消されるという被害です。

ガンブラーによるWebサイト改ざん被害

ガンブラーによるWebサイト改ざん被害とは、あなたが所持しているホームページや企業などが情報を載せているwebサイトがウイルスに感染、もしくは書き換えられるという被害であり、さらに閲覧者までもがウイルスに感染してしまう大変恐ろしい被害です。

フラッシュプレイヤーの脆弱性による被害

フラッシュとはパソコン上のグラフィックツールで世界で圧倒的な人気を誇るAdobe社のツールであり、またそれにより作成された動画などの事を言います。そんなフラッシュを再生するのがフラッシュプレイヤーですが、システムを乗っ取られる恐れのある脆弱性が修正されたようです。

最も洗練されたトロイの木馬による被害

どうやら多機能型携帯電話に搭載されているOSの1つであるアンドロイドでもウィンドウズを搭載するパソコンと同様、マルウェアの脅威に怯え毎日ソフトウェアや新しいウィルスに対応するパターンファイルをダウンロードしなければいけないかも知れません。

古いOSを使い続ける事による被害

古いOSを使い続ける事による被害とは、パソコンを使用する上で最も基本的なソフトウエアであるOS「Windows」などのサポート期限が切れたOSを今後を使い続けるとウイルスなどに感染するという被害です。

アンドロイドアプリによる被害

アンドロイドはアイフォンと並んで人気のスマートフォンです。スマートフォンを便利に活用しようとするにはアプリと呼ばれるソフトウェアをマーケットからダウンロードするのですが、そのマーケットには悪質なアプリが氾濫しているようです。

ブラウザで防ぐマルウェアによる被害

マルウェアからの感染を防ぐのにもっとも優れた防御機能は一体どのブラウザが搭載しているのかを調べた結果が公開されたようです。

古い脆弱性を狙う被害

古い脆弱性を狙う被害とは最新のバージョンでは脆弱性が修正されているのにも関わらずアップデートをせず古い脆弱性をつかれマルウェアなどに感染するという被害です。

国境のないウイルス被害

京都府や京都市などが共同で出資した団体「世界人権問題研究センター」のHPがウイルスに感染していたそうです。

webページを閲覧しただけで被害に遭う危険性!

情報ネットワーク法学会のHPが不正に改ざんされマルウェア配布サイトなどに誘導→ダウンロードをさせられた可能性があるそうです。

セキュリティの被害を食い止めるには多層化が鍵?

セキュリティと言えば、ウイルス対策ソフトなど1つのソフトウエアだけで十分というイメージがありますが、どうやらそうではないみたいです。

ホームページ改ざん被害

大分空港のホームページが改ざんされ、その間に閲覧した利用者にはウイルスを送りつける状態になっていたようです。

国内5つの銀行(ネットバンク)を狙ったウイルスによる被害

以前から度々ネットバンクによる被害をご紹介してきましたが、どうやら少しづつ手口が明らかになってきているようです。

固定じゃないパスワードが抜き取られる!?

ワンタイム・・・ある一定期間しか利用出来ないパスワードの事で、登録したメールアドレスに利用する場合は配信されるので今までは強固なセキュリティとして注目されてきましたが、残念ながらそのワンタイムパスワードを盗みとるウイルスが確認されたようです。

アナタのネットバンク大丈夫ですか?

インターネット(オンライン)を使った銀行との取引「インターネットバンキング」関連の被害が、今年に入ってからの被害が去年を既に越しているようです。

ハードディスクの内容が消去されるかも!?

韓国でテレビ局や大企業が大打撃を受けた大規模サイバー攻撃の不正プログラムが日本でも確認されていたようです。

日本が狙われた!マルウェアによる被害

日本国内でのみ出回り、感染すると電話帳などの連絡先データが外部に送信され、脅迫めいた文言でお金が取られそうになる不正アプリが存在しているようです。

地方で進むサイバー攻撃対策

サイバー攻撃に備えて4月から全国13の都道府県で特別捜査隊が発足したようです。

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ