迷惑メール対策ドコモ編

  このページではドコモを利用している人へ、迷惑メールを防ぐ為の設定とポイントをご紹介しています。 詳しい設定の方法から、正しい迷惑メール対策の仕方、もうどうにもならなくなってアド変しようか悩んでいる人への最終手段を取り上げます。

  まずは事前に迷惑メールが飛んで来ないように対策をしましょう。 めんどくさくてわずらわしい設定をせずとも簡単に一括で設定の出来る対策方法です。「パソコンからのメールを受けとる人、受け取らない人」と言った2パターンの設定です。設定画面へは下記の手順で行けます。

『かんたん設定』

・iモードの場合
iMenu → お客様サポート → 各種設定(確認・変更・利用) → メール設定

・spモードの場合
spモードメールアプリを起動 → メール設定 → その他 → メール全般の設定

上記設定画面で表示される「かんたん設定」という項目からご利用方法に合わせて選んでください。

・パソコンからメールを受信しない人
キッズオススメと受信拒否 強を選択します。

・パソコンからメールを受信する人
受信拒否 弱を選択します。

  続いて迷惑メールの全てに含まれていると言っても間違いではないサイトのアドレス(URL)を拒否してしまおうという方法です。ちなみに全てのURLが拒否されるわけではなく、ドコモの発表によると『出会い系(出会い・異性紹介)、アダルト系(性行為、ヌード画像、性風俗、アダルト検索・リンク集)、違法など(違法と思われる行為、違法と思われる薬物、不適切な薬物利用)、その他(不正コード配布、グロテスク、迷惑メールリンク)のカテゴリに該当するサイトのURL』です。

『URL付きメール拒否設定』

設定画面へは上記『かんたん設定』と同じです。


「詳細設定/解除」 → 『URL付きメール拒否設定』から画面の指示に従って進むと設定完了になります。

  最後になりすましメールの拒否や、指定したドメイン・アドレスからの受信、携帯電話各社のキャリアごとに受信/拒否を設定しましょう。設定画面へは上記『かんたん』設定と同じです。 ちなみに『受信/拒否』設定から迷惑メールが届かないようにアドレス受信を設定していても未だに届くという人は、正しく拒否が出来ているか確認しましょう。例えば、[@mixi.jp]からのメールだけを受信したい場合、[mixi.jp]と設定していませんか?これだと[hogehoge@foo.mixi.jp]というメールは迷惑メールのフィルタリングをすり抜けてしまいます。[mixi.jp]という余計なものがついていないドメインだけ受信したい場合は、@を含めて[@mixi.jp]と設定しなければいけません。

ちょっと待って!『アドレス変更する前に』

  今まで迷惑メールの設定は数限りなく試したけれど、未だに迷惑メールが届くので、そろそろ面倒だけれどメールアドレスの再設定をしようと思っている人は、最後に『ホワイトリスト』という設定を試してみて下さい。ホワイトリストとは、ブラックリストの逆で受信したい人のメールアドレスだけを設定する方法です。つまり今までは迷惑メールのアドレスやドメインを拒否してきた人が大半だと思いますが、受信するアドレスだけを設定してしまえばそれ以外のメールは一切飛んでこないので、新しく飛んでくる迷惑メールの度に設定画面を開くというわずらわしい作業をしなくてよくなります。

『ホワイトリスト設定作業』

設定画面へは上記『かんたん設定』を参考にして下さい。


『詳細設定/解除』の画面から『受信/拒否設定』を選択して次へを選択すると、[ステップ1]となります。これを[ステップ4]まで進めると「個別に受信したいドメインまたはアドレスを登録」と表示されます。 この画面で「受信したいメールアドレスorドメイン」を設定します。※指定受信以外は拒否している事が前提です。


・おすすめホワイトリスト設定
○友達や知り会いなどは、メールアドレスをフルで指定
○mixi、Facebookなどの企業が提供しているメールを受信する場合は「@mixi.jp」など@からドメインを指定する事
○フリーメールを使っている場合、例えばヤフーで「@yahoo.co.jp」と登録してしまうとヤフーメールを使用したフリーメールの数は多いので、受信したいフリーメールを個別に設定

  これで迷惑メールは『一切受信』しません。問題と言えば、新しい友達を登録する時や、ショッピングサイトを利用して新たに受信するメールが増える場合はめんどうですが、頻繁に飛んでくる迷惑メールを個別に対策していくよりかは効率がいいです。さらにアド変をしたとしても、自分以外の第3者からアナタのメールアドレスが漏れてしまい、またアド変を繰り返すのは面倒です。 ホワイトリストは一回設定してしまえば、それほど頻繁に弄る事はないでしょうから長い目で見ると、最初は面倒でもホワイトリストを有効的に活用した方が結果的には迷惑メールに悩まされなくなります。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ