リベンジポルノによる被害

   リベンジポルノによる被害とは、裸の画像等のプライベートな写真を元交際相手らによりインターネット上に流出させられる被害です。 スマートフォンの普及により画像や動画の撮影が手軽に何処でも簡単に出来る事などが背景にあるようです。 また現在、交際中にプライベート画像を要求された体験をもつ『被害予備軍』の少女らも多いようです。

ソース:毎日新聞-「警視庁は今年1~10月、18歳未満の少女に裸の写真を送らせたとして計21人を児童ポルノ禁止法違反容疑で摘発」より
(headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131219-00000006-mai-soci)

   7年前から付き合っていた無職30代の男性が強要未遂容疑で逮捕されたという事件がおきていたみたいです。 また女子高生にアンケートをした所、約8割が交際相手から裸の画像を求められた経験があるみたいですね。

   今年に入って10月までの間に21人が18歳未満の少女に裸の画像を送らせたとして児童ポルノ禁止法違反で摘発したそうですが、 操作幹部によると「画像を渡した後ろめたさや恥ずかしさから、本人が警察に相談に来ることはほぼない。事件化しているのは本当に氷山の一角」と見ているみたいです。

   つまりリベンジポルノによる被害はなくならないという事ですね。 付き合いたての頃ならまだしも数年も付き合うほどの親しい間柄だった場合、相手を特に警戒する事もないですから要求されるがままプライベート画像を送信してしまうからなのでしょうね。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ