『LINE』を騙るスパムメールによる被害

   『LINE』を騙るスパムメールによる被害とは、『LINE』から送信されたように偽装したメールを開くと出会いwebに誘導されるという被害です。 LINEとは今さら説明する必要もありませんが、リアルタイムにメッセージの交換が出来るチャットアプリであり、LINE同士であれば無料で通話する事の出来るアプリでもあります。

ソース: シマンテック -「問題のスパムメールは以下の特長を備えている。送信元 E メールアドレスのドメインとして、「LINE.com」や「LINE.ne.jp」のような LINE を匂わすものが利用されたり、件名に「LINE」という文字列が含まれている。」より
(japan.internet.com/busnews/20140227/8.html) インターネットコム

   スパムメールは2014年 つまり今年に入ってから出回っているようですね。

   主な配信元は、北米で半分近くを占めており、 URLへアクセスした数は 日本が半数近く(40%)を占めているようです。

   問題のスパムメールは いくつか特徴があり 例えば送信元のアドレスには『LINE.com』や『LINE.ne.jp』などの文字列が含まれていたり 件名には『LINE』と含まれているのが特徴的なようです。

   問題の本文には 友達申請の承認をするように記載されたURLからアクセスをするよう促す文面となっているみたいです。 ちなみに問題のURLは『.asia』ドメインというアジア太平洋地域の企業向けに使用されているものが使われているようです。

   現状、悪意のあるプログラムやフィッシング詐欺などの被害はないようなので被害対策はありませんが、 十分に注意が必要だと警告されていました。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ