韓国の沈没船に便乗したスパムメールによる被害

   スパムメールは時事ネタに便乗する事が多いですが、 どうやら韓国の沈没船事故も恰好のスパムネタとして利用されたようです。

ソース::TrendLabs SECURITY BLOG-『世界的に報道されてから数時間も経たないうちに、この事故に便乗したスパムメールを確認しています。』より
(blog.trendmicro.co.jp/archives/8990)

   どうやら時事ネタを利用するのは、スパムメールフィルタを避ける為のようです。 メールには出廷通知書が含まれ、このファイルを開くとバックドア型の不正プログラムが実行されてしまうようです。

   バックドアプログラムを仕込む事により、不正プログラムそのもののバージョンを更新したり、パソコンを遠隔で操作したりできるようです。 また、このバックドア型のプログラムはボットネットで拡散し感染したPCからスパムメールを送信する可能性もあるようです。

   こういった被害をなくすためにも、アンチスパム製品を導入して不正な添付ファイルの実行を阻止するのがいいようです。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ