新サービスを利用するという被害

   イラスト投稿・閲覧でお馴染みのpixiv運営サービスで個人情報の漏えいがあったようです。

www.pixiv.net/info.php?id=3032&lang=ja

   ピクシブ株式会社運営の「BOOTH(ショップ作成サービス)」及び「APOLLO(同人音楽即売会)」でクッキーの設定ミスにより、 『住所、氏名、メールアドレス、クレジットカード(下4桁)、フルネーム、有効期限、購入履歴、pixivアカウント』が閲覧・変更された可能性があるようです。

   キャッシュの設定ミスで個人情報の漏えいと言うのは珍しいパターンではないでしょうか。 しかし重要なのはそこではありません。 一番問題となるのは新サービス、新コンテンツ、新しい修正プログラム等、いわゆるリリースされて間もないものは利用しない方が良いという事です。 マイクロソフトの修正プログラムや、アップルのOS絡みのバグなど最たるものでしょう。

   以前から言われている事でしたが最近は、そういった問題が多発していると思います。 Windowsの場合はSP1が出てからが購入すべき時期と一部で言われていたりしますが、 ここ最近の不具合に比べたら可愛いものだと思います。 サービスを検証するのに十分な時間が確保されていないのか、 未熟な技術者しか残っていないのかはわかりませんが、 サービスにもよりますが新しいものに飛びつくと馬鹿を見るどころか個人情報の流出という取り返しのつかない時代になりました。

   つまり今後、個人情報を含めIT関連の技術と上手に付き合っていく為には 新しいものは極力利用せずある程度、落ち着いてから参加するのが賢明な判断なのだと思います。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ