偽装、楽天市場による被害

   楽天が自社のサービスである楽天市場や、そのショップを偽装した偽サイトを公表しました。

   internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150217_688684.html

   記事によるとその数2500件以上にも及ぶようです。 さらには楽天市場を装った偽装メールも飛ばされているみたいなので 注意するよう呼びかけています。

   これはかなりの被害が出てくるのではないでしょうか。 理由はとても簡単で正規サイトと区別がつかないからです。

   楽天では各ページのレイアウトがバラバラでまったく統一制がありません。 もちろん、ある程度共通している部分はあるのですけれどパッと見ただけでは ノイズが多すぎると感じる人が大半だと思います。

   ただでさえ巧妙に作られる事の多いフィッシングサイトなのに ベースがゴチャゴチャとしていたら もう区別は付かないと思います。

   被害を防ぐためには検索結果やどこかのページで表示されたリンクから 楽天市場に飛ぶのではなくあらかじめ正規サイトをブックマークしておき そこから必要な商品を探すようにしましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ