第5の戦場による被害

   ウイルス感染は風邪のようなものという記事があったのでご紹介します。

   synodos.jp/international/13221

   どうやら記事によるとウイルス感染するのは仕方がないとしても、 その後の対処次第で勝敗が決まるようです。 つまり風邪をひいても回復すれば勝ちなように感染したとしても発症させなければいいという事みたいです。

   確かにウイルスと聞くと防衛すればいいもので、 感染してしまった時点でアウトと考えている人は多いでしょう。 その為、ウイルスに感染してしまったパソコンは腫物を触るような感覚で 利用されてきたと思いますが、そうではないんですね。 そのウイルスを実行させない狙われた獲物を守りきる事が大切…なんですが、 1つ問題があると思います。

   それは何が狙われたのかわからないという事。 風邪などであれば諸症状があるので素人でも大まかな原因の特定は可能です。 しかしウイルスは諸症状が出た時には既にアウトですから、 それ以前に特定する必要があります。 ですがウイルスもそう簡単に発見されて駆除される訳にはいかないので 簡単に本体を見つける事はできないでしょう。

   となればやはり感染されない環境作りが大切なのでしょうが 既存のウイルスであれば目的は判明しているわけですから いざという時はターゲットの物を避難させられる行動を心掛けておきましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ