クレジットカードのスキミングによる被害

   コンビニ店員が客からクレジットカード情報を盗み不正利用していたようです。

   news.biglobe.ne.jp/domestic/0528/mai_150528_9884300658.html

   手口は簡単なものでクレジットカード全面のカード番号や使用期限、背面のセキュリティコードなどの情報を スマホの動画撮影を利用して盗撮したようです。 昔であれば店員が一度裏に引っ込んでカードをリーダーにかけて情報を盗み出すスキミングがありましたが、 最近では直接原因を引き出すのではなく1度電子マネー等に変えて、それから監禁する手口が多いようですね。

   果たして今後もこの様な被害が増え続けるのでしょうか。

   クレジットカードに記載されている情報からまさか詐欺被害に遭う何てと考えている人は多いでしょうから、 恐らく増え続けるでしょう。 またネットショッピング等を利用していないと『カード番号と使用期限、セキュリティーコード』だけで決済できる事もあるということを知らないので 被害を中々防げないと思います。

   恐らく銀行側もカードに何かしらの対策をしてくるとは思いますが、 導入されるのには時間がかかるはずですから、 それまでの間は出来るだけカードを手放さない、どうしても渡す必要がある場合はカードから目を離さないという事が 大事かも知れませんね。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ