検察庁の偽サイトによる被害

   検察庁の職員を装った者から不審な電話と偽サイトに誘導させられるようです。

   internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150605_705627.html

   手口としては電話で偽サイトへ誘導した後、銀行口座等の情報を入力させられるようですね。 これに対して警察庁は電話を切って各検察庁に電話で問い合わせるよう注意を呼び掛けています。

   過去にも偽サイトへ誘導され情報が抜かれる等の事件が多々ありましたが、 そういった手口に引っかからない方法はないのでしょうか?

   誘導されるだけであれば簡単に被害を防ぐ事は可能です。 既に上記で答えが出ていますが実際に問い合わせる事が大切です。

   その場合もメールや電話で促された電話番号やリンク先を鵜呑みにせず、 1度冷静になって自分から再度、調べなおしてみて問い合わせるという事が大事です。

   そうすれば偽の番号やサイトに引っかかるのは、かなりの率で防げると思います。 またメール本文にリンクされているURLアドレスが 例え正規の文字列と一致していたとしてもHTMLで記載されリンクされている場合は、 別のアドレスへ書き換えられている可能性があるので注意してください。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ