誰しもが簡単にウイルスを作成できるという被害

   セキュリティ大手のトレンドマイクロが専門的な知識を必要とせずウイルスを作成できるソフトを見つけたようです。

   どうやら日本年金機構でも話題となった標的型メールを仕掛けられる無料のウイルス作成ソフトが出回っているようです。

  標的型メールを簡単におさらいしますと特定の企業や個人を狙い、ウイルスを添付したメールを送り付けてパソコンを乗っ取り情報を盗み出すという手口です。

   本来であればプログラムだけでなくネットワーク関係の高度な知識も必要なのですが、 そういった高度な専門知識を必要とせず誰もが無料で作成出来てしまうのは脅威だと思います。

  年金機構の問題以後も標的型メールに感染した企業が存在している現状では、 より一層セキュリティに対して危機意識を持たないと、今以上の被害がおこる可能性があるので 添付ファイルの取り扱いには十分注意してみてください。

  それから興味本位でウイルスを作成するとウイルス作成罪に問われる可能性もあるので、 安易な気持ちで手は出さないようにしましょう。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ