検知をすり抜けたウイルスを確認する方法

   IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が既にウイルスに感染してしまっていないか確認する為の方法を公開したようです。

   ソース:internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150629_709264.html

  ウイルスが検知をすり抜けた場合の確認方法などは、あまり一般公開される事は無かったと思います。 最近、外部機関によりウイルスが発覚する事が多かったのが公開されるようになった原因かも知れませんね。

  ちなみに検知する方法は、流行りの怪しいメールを受け取った形跡がないか調べる事や起動時に不審な設定がないかスタートアップやレジストリなどのシステムを調べる事、 また不審な通信を行っていなかなど、専門家に相談する事が大事なようです。

  ウイルスに気付かず感染しているというのが本当に恐ろしい事ですが、 どこかのウイルス専門のソフトウェア会社の社長がいったように ウイルス対策ソフトだけでは防ぎきれなくなっているようですから、 ウイルスは防ぐものではなく感染するものだと割り切って対策を考えた方が今後はいいのかも知れません。

[PR]おすすめの出会い系サイト

(C)被害対策室 ~インターネットで被害に遭わない為に
お問い合わせはこちら問い合わせ